BLOGブログ

MEMO

google、Chromeでhttpsでないサイトを「安全でない」と表示に。

以前から、https化したサイトは、検索順位に優遇されるということでしたが、
2018年7月にリリースされる新しいChromeで、HTTP接続されているサイトについて「安全でない」と表示させるとのこと。

 

Google Online Security Blog: A secure web is here to stay

Chrome will show all HTTP sites as 'not secure' later this year/

 

現在でも、Chromeでサイトを表示すると、URL横にアイコンが表示されますが、7月以降は、
これに「安全でない」と追加されるようです。

 

サイトにアクセスして利用したときにどの程度安全が確保されるかを知る目安になります。
これらのアイコンでは、サイトにセキュリティ証明書があるかどうか、Chrome がその証明書を信頼しているかどうか、
Chrome がサイトにプライベート接続しているかどうかが示されます。

安全性を示すアイコンの意味

このサイトとの間で送受信される情報はプライバシーが保護されます。

このアイコンが表示されている場合でも、個人情報や機密情報を共有する場合は常に注意が必要です。アドレスバーで、接続しているサイトに間違いがないかを確認してください。

 

サイトはプライベート接続を使用していません。このサイトとの間で送受信される情報は、何者かによって表示または変更される可能性があります。

 

このページでは個人情報や機密情報を入力しないようにしてください。できれば、サイト自体、利用しないことをおすすめします。

参考:https://support.google.com/chrome/answer/95617?hl=ja

 

弊社でサーバ管理させて頂いてるサイトにつきましては、
順次対応させていただだきますので、ご安心ください。

 

BLOG

Page Top